症状別ページ

背中が丸まった腰痛

背中が丸くなった腰痛についてお話します。

本来腰は少し反っていますが、姿勢の悪さや日常生活のクセによって丸くなってしまい腰痛を引き起こします。

腰が丸くなると、支えが筋肉ばかりになり負担が大幅に増えるため耐えられなくなります。ヒドくなると皆さんご存知のヘルニアにもなります。

このタイプは背中の筋肉が弱った事により腰の反りがなくなり、後ろに反らす・前にかがむと痛むことが多いです。

運動不足やお年寄りの方、車の運転が頻繁にある方などが該当します。

また、当院で治療する中で気になるのが子供さんにこのタイプが多い事です。近年子供の筋力低下は問題になっていますが、こういうところに現れていると私は思います。

では丸くならないためにはどうしたら良いか…姿勢を良すればと言ってしまえばそれで終わりですが、なかなか良い姿勢を維持するのは難しいですよね。

そこで当院では腰の丸まりを取り、良い姿勢を保てるように、次のような施術をおこなます。

===================
①猫背を矯正
②補助筋である臀部(お尻)を調整
③腰が反りやすいようにトレーニング
===================

 子供からお年寄りの方まで、原因を見極め治療を選択します。他にも細かい調整やトレーニングがたくさんあるので、症状に心当たりがある方は当院にご相談ください。