交通事故に遭ってしまったら

①事故発生時

事故が発生した場合、まずは警察と加害者の保険会社への連絡をしてください。

加害者様でも自動車保険への連絡も必要です。
警察に連絡し"交通事故証明書"を発行し、人身事故扱いにしてもらいましょう。怠ると事故自体が証明できなくなる場合もあります。

②相手(加害者)の情報をメモ

相手(加害者)の、
・氏名
・住所
・自宅や携帯の電話番号
・自動車のナンバー
・自賠責保険の会社名と証明書番号
・任意保険の会社名


など、できるだけ詳しく確認しておきましょう。
相手の勤務先や雇い主なども聞けると良いでしょう。

③現場の情報を確保・記録

現場での情報を得ておくことで、万が一相手とトラブルになった時に大きな力になります。

1つは第三者の目撃情報です。
通行人など目撃者がいれば協力を得て、証言をメモしておきましょう。必要なら氏名や連絡先を聞き証人になってもらうよう頼んでおくと良いです。

2つは現場の痕跡(ブレーキ痕や両者の壊れた自動車の部分など)です。
携帯電話等で写真を撮っておいて、事実認定が進まなかった時の現場記録として残しておきましょう。

④病院で医師の診断を受ける

交通事故の治療を受けるには"医師の診断書"が必要です。

見て目ではわからないケガや軽症のと思っている場合でも必ず病院で医師に症状を伝えましょう。

⑤保険会社への連絡

加害者の加入している保険会社へ連絡し、人身事故の担当者に"当院での治療を受けたい"ことを伝えてください。

保険会社から当院に治療依頼の連絡が入り、治療開始です。

※保険会社への連絡ができてないまま、当院に治療に来らた場合でも、後から保険会社に連絡して頂ければ治療は成立します。

自賠責保険の手続きについて~自賠責保険の面倒な手続きは当院にお聞きください~

"交通事故の被害者が泣き寝入りすることなく、最低限の補償をうけられるように"
と国が始められたのが自賠責保険です。

「強制保険」とも呼ばれており、公道で走るすべての車・バイクに加入が義務づけられています。

この自賠責保険は人身事故のみに適用され、物損事故には適用されません。

治療による慰謝料は1日4200円で、被害者さまの負傷の程度や治療に費やした日数等を考慮して、施術期間内で慰謝料の対象が決まります。

限度額は120万円で、この範囲内で支払われます。

自賠責保険の書類は保険会社から直接被害者さまに送られてきます。
担当者の方はあなたと直接お話相談することになるので、しっかり名前を覚えておきましょう。

自賠責保険に必要な書類は以下のとおりです。

  • 保険金支払い請求書
  • 交通事故証明書
  • 事故状況発生証明書
  • 診断書(ケガの)
  • 診療報酬明細書
  • 休業損害証明書
  • 看護料領収書
  • 印鑑証明書
  • 委任状
  • 示談書
  • 後遺障害診断書(医師)
  • 被害者の除籍謄本

アクトはあなたの悩みにお答えします。