整形外科と接骨院の違い

交通事故は病院でしか治せないと思ってませんか?どの医療機関を選ぶのかは患者様が決められます!

交通事故に遭われて最初に行った病院から交通事故の治療になります。
この病院でしか治療を受けられないと思っている方は多いようですが、柔道整復師免許のある接骨院でも治療は受けられます。

もちろん、通院ごとの慰謝料も認めれます。
保険の担当者によっては病院でしか治療は認められないと言うケースもあるようですが、どこで受けるかは保険会社ではなく、患者さまが決められるので、安心できる所にお任せしましょう。
そこで当院から、見分け方やベスト方法を書かせて頂きました。

接骨院での治療をオススメするケース

  • ケガが治り、まだ痛みが取れない
  • 病院でのリハビリなどが充分でないと感じる
  • 検査では異常がないといわれるむちうち症

レントゲンなどの検査で異常がない場合の治療は、病院では対処してくれない所が多いです。

むちうちは筋肉や関節を柔らかくする治療が欠かせませんが、病院での治療はシップや痛み止めや電気療法がメインで、充分な調整が行われないことが多いようです。
検査で異常がない場合、筋肉・靭帯・関節などを不調の原因として治療した方が良い回復が見込めます。

触診で実際に触らないとわからない細かな原因があるので、このような場合は手技中心の治療を行う接骨院がオススメです。

病院での治療を検討するケース

脱臼や骨折など重い怪我に関しては、病院で治療を推奨いたします。

止血や骨の接合など外科的な対応が必要となるためです。
外傷が見受けられなければMRI、レントゲンなど検査を通じて「異常なし」とされることが多いでしょう。

しかし、事故の衝撃によってなど身体には検査ではカバーしきれない影響が生じています。
病院では「首が痛む(むちうち)」「ぶつけた所が痛む」などの自覚症状がある場合、打撲や捻挫などと診断されます。

今は少しの痛みでも後から症状が強くなることもありますので、しっかり医師に伝え診断してもらいましょう。

病院は検査、接骨院は治療というのが賢い通い方です。

  • 検査で異常がない
  • それでも痛む

定期的に病院で検査や経過報告を行い、
実際の治療は接骨院で受けるというのがベストな方法です。

当センターへご相談ください!